弁護士会照会への報告拒絶と弁護士会に対する不法行為の成否

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 09:44

弁護士会照会(弁護士法23条の2第2項)に対し報告を拒絶した場合に、弁護士会に対し不法行為を構成しないという最高裁判決(平成29年10月18日)がなされたのでご紹介します。

 

その判旨は、

弁護士会照会の照会先は、正当な理由がない限り照会された事項について報告すべきものと解されるが、弁護士会が弁護士会照会の権限を付与されているのは、あくまで制度の適正な運用を図るためにすぎないので、報告を受けることにつき法律上保護される利益を有するものとは解されない。

したがって、報告拒絶行為が弁護士会に対する不法行為を構成することはない。

というものです。

 

※弁護士法23条の2

1 弁護士は、受任している事件について、所属弁護士会に対し、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることを申し出ることができる。申出があつた場合において、当該弁護士会は、その申出が適当でないと認めるときは、これを拒絶することができる。

2 弁護士会は、前項の規定による申出に基き、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることができる。

 

民法改正

  • 2015.05.31 Sunday
  • 02:39
現在、債権法について民法改正の作業が進んでおり、数年のうちに改正法が施行される予定です。
我々弁護士も、改正法の知識を取得しなければなりませんが、まだ法案の段階であり、今後どのような修正が入るかもわからないので、いつから勉強を始めるか迷うところです。
ただ、今度、千葉県弁護士会で民法改正の勉強会があり、パネリストの一人として参加する予定になっているので、頑張って勉強をしているところです。
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM