開発許可の取消しを求める訴えの利益

  • 2016.06.11 Saturday
  • 00:25
開発許可の取消しを求める訴えの利益に関する最高裁判決(平成27年12月14日)が出ましたので、紹介します。

その判旨は以下のとおりです。
市街化調整区域内の開発許可については、開発許可に関する工事が完了し、検査済証が交付された後であっても、開発許可が取消されれば、開発区域における建築等ができなくなる。
そこで、市街化調整区域内の開発区域における建築等の制限を求める者は、工事が完了し、検査済証が交付された後においても、訴えの利益が失われない。

※訴えの利益:訴訟制度を利用して紛争を解決する必要性のことであり、これを欠く訴えは不適法として却下される。
※市街化区域内の開発許可については、開発許可に関する工事が完了し、検査済証が交付された後においては、取消を求める訴えの利益は失われる(最判平成5年9月10日.、最判平成11年10月26日)。
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM